医学用語辞典 消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】

>>消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】辞典トップ    >>運営者情報

当サイトは、消化器科【肝臓・胆嚢・膵臓】の病名、症状などを原因・症状・治療に分けて解説しております。 肝臓・胆嚢・膵臓の疾患に関する情報をお探しの方は、当サイトを是非ご活用ください。

肝臓・胆嚢・膵臓の疾患 カテゴリ一覧

肝臓・胆嚢・膵臓の気になる病気・症状

肝不全

肝不全は、肝機能の低下で、有毒物質が血中に残存するものである。

肝硬変

肝硬変は、肝細胞が繊維化して硬くなっていくものである。

原発性胆汁性肝硬変

原発性胆汁性肝硬変は、胆汁うっ滞によって起こる肝硬変である。

アルコール性肝硬変

アルコール性肝硬変は、多量のアルコール摂取により肝臓機能の障害を起こすアルコール性肝障害のひとつで、障害の進行により、肝臓が元に戻らなくなる状態である。

肝硬変の食事療法

肝硬変は、肝臓全体が繊維化して硬くなる。

脂肪肝

脂肪肝は、アルコールの多量摂取で肝臓に障害が起きるアルコール性肝障害のひとつで、肝細胞中の中性脂肪の多量蓄積により、肝機能に障害が起きるものである。

脂肪肝の食事療法

脂肪肝では、倦怠感、腹部膨満感がある。

劇症肝炎

劇症肝炎は、急激に広範囲の肝細胞が破壊され、肝機能が低下して、肝臓が小さくなるものである。

B型慢性肝炎

B型慢性肝炎は、B型肝炎ウイルスのキャリアの症状が現われたものである。

B型急性肝炎

B型急性肝炎は、B型肝炎ウイルスが感染して起こる肝炎である。

A型急性肝炎

A型急性肝炎は、A型肝炎ウイルスの感染で発症する肝炎である。

慢性ウイルス肝炎

慢性ウイルス肝炎は、肝臓に慢性の炎症が起きるものである。

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は、アルコールの多量摂取で肝臓障害を起こすアルコール性肝障害のひとつで、肝臓に炎症が起きるものである。

急性肝炎の食事療法

急性肝炎では、食事によって破壊された肝細胞の修復を図る必要がある。

消化器科ニュース


【リンク集】
アクアフォース / 定期預金 / ジョンマスターオーガニック / 土居コーヒー / テープ起こし / 利尻ヘアカラー / オーガニックコスメ / ホットヨガ / クレジットカード 審査 / セラムデュー / 毛穴ケア / まつ毛美容液 / すっぽん小町 / 南房総 不動産 / ホワイティシモ / エステサロン / アロマエッセ / 翻訳会社 /
Copyright(c)2007 医学用語辞典~消化器科用語【肝臓・胆嚢・膵臓】辞典~ All Rights Reserved.